家庭で簡単ドリップコーヒーを楽しむには

ドリップコーヒーとは、焙煎後のコーヒー豆を挽いて濾過方式のコーヒー抽出法をドリップ方式と言い、一般的にはペーパードリップ方式が多く、専門店などでは金属ドリップ方式や布フィルターのネルドリップ方式で提供していることもあります。



金属ドリップ方式は紙や布のように油分が吸収されず、コーヒーエキスがそのまま抽出されるため、コーヒーの渋みや旨味が出ることや、豊かな香りがそのまま出るため、コーヒー本来の味わいが楽しめることで人気がありますが、現在は衛生管理などの難しさや手間の問題、提供する価格の問題もあり、ペーパードリップ方式が一般的となっています。

近年では、自宅で本格的なコーヒーを楽しむために、ドリップバックコーヒーが各コーヒーメーカーから販売されており、1杯分のドリップコーヒーを手間なく簡単にお湯をさすだけというものを選ぶ人が多いです。

本来、ドリップコーヒーはコーヒーカップの上にドリッパーを置き、内側にフィルターをセットし、周囲から内側に回すようにお湯を落とし、徐々にお湯を高い位置から落とすようなスタイルでコーヒーを入れます。
コーヒー豆の分量やお湯の量の調節で味や風味を調節します。

産経ニュースが有名になってきました。

市販のドリップバックコーヒーは、中に1杯分の引き豆が入り、切り取り線でバッグトップとなる部分をカットし、フックをカップに掛けて、お湯を落とすだけであと片付けの手間が省けてます。



ドリッパーを使ったドリップコーヒーと同様にコーヒーを楽しむことができることが注目を集めています。