ドリップコーヒーのタイプは様々です

焙煎したコーヒー豆を挽き、粉状にし、それをペーパーやネル、フィルターでこして淹れたものをドリップコーヒーといいます。

フィルターには樹脂製のものや金属製のものなど様々なものがありますが、このフィルターに布製のフランネルと呼ばれるものを使って入れるコーヒーをネオドリップコーヒーといいます。


このフランネルの表面は起毛で覆われ、とても柔らかい触感となっています。フランネルを使ってコーヒーを淹れると、お湯が粉やフィルターを通過するのに時間がかかるので、十分に蒸らしながらコーヒーを入れることになります。
そのため、香りも良く深い味わいのあるコーヒーを淹れることが可能です。



しかし一度使うたびに布の目に詰まってしまったコーヒーの粉までしっかりと洗う必要があります。
洗った後には、雑菌が繁殖しないようにしっかりと乾かさなければならないので、非常に手間はかかるといえるでしょう。

マイナビニュースの情報検索ができます。

その手軽さからドリップコーヒーの中で最も一般的なのがペーパードリップです。


ペーパーフィルターは一回一回使い捨てで、スーパーやコンビニなどどこでも手に入れやすく、100円均一のお店にも売っているほどです。
また、1杯分ずつコーヒーの粉がセットされている、ドリッパーとフィルターが一体化したものも人気です。



コーヒーカップに簡単にセットすることができ、お湯を注ぐだけで、おいしいコーヒーを淹れることができるのです。このタイプのものは、お中元やお歳暮などでも人気の商品となっています。