手間や面倒が要らないカプセルコーヒーマシン

コーヒーマシンとして最もポピュラーなのは、インスタントコーヒーが大量に詰まった専用ボトルを本体にセットして利用するタイプです。
予め大量の粉を本体のタンク内部に貯蓄する事が出来るため、最初に補給を済ませておけば、100杯近く飲むまで補給の手間は要りません。

wikipedia情報をピックアップしたサイトです。

インスタントコーヒーが詰まった専用ボトルは補給しやすく設計されていますので、手順さえしっかりと守れば中身を完璧に素早く入れられます。


ただ、手順を覚えるまでに何度か失敗を繰り返すリスクも高く、普通のユーザーでも二度、三度と補給のやり直しを強いられます。
またインスタントコーヒーの専用ボトルは安値でコストパフォーマンスに優れていますが、細かい粉が利用している間に本体内部へと侵入し、時々不具合を起こします。



そういったリスクがあるため、インスタントコーヒー補給型のコーヒーマシンは徐々に人気を減らしていき、今ではカプセルコーヒーを使うタイプのマシンが徐々に頭角を現し始めています。カプセルコーヒーマシンなら粉を補給するのではなくカプセルを前面のスロットに入れるだけです。


カプセルコーヒーマシンなら粉が内部に侵入したり、補給に手間取る事はありません。
機械に詳しくない子どもや女性でも気軽に美味しい一杯のコーヒーを簡単に作れます。



またインスタントコーヒー補給型のマシンだと当然ですが飲めるのはブラックコーヒーだけです。

対してカプセルコーヒーマシンならカプセルを入れ替えるだけでカフェオレや抹茶ラテ、ノンカフェインコーヒー等多彩なドリンクが出来ますので、コーヒーが苦手な家族がいる家庭でも活躍する事間違いなしです。